ジョニージョニーデッパーのとにかくツッコミを入れるブログ☆

アメリカ合衆国埼玉州のジョニージョニーデッパーがとにかく毎日ツッコミを入れるブログ☆

第166話 クマのプーさんってそもそも何??

Nice to meet you!!

ジョニー・ジョニー・デッパーです(*^▽^*)

 

僕の友人にクマのプーさんにそっくりな友達がいて

なかなか愛らしいキャラクターなんですが、

 

最近、プーさん、映画にもなって、注目を集めていますよね??

 

 

f:id:ooemaru:20181019095433j:plain

参照元 

https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html

 

でも、皆さん、

あまりに当たり前すぎて、

 

 

プーさんって何者??

 

って知らなくないですか????

 

ええ、僕も知りませんでした。

ディズニーのキャラの一角くらいの認識しかなかったのですが、

では、プーさんの歴史について、お伝えします(≧▽≦)

 

 

クマのプーさんは児童小説である

 

そう、プーさんは児童小説なのです( ^ω^ )

 

f:id:ooemaru:20181019095955j:plain

参照元 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%96%87%E5%BA%AB-008-%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%B3/dp/400114008X

 

ひ、、、引きずられている(笑)

 

クマのプーさんは1926年に発表されたA.Aミルン氏の児童小説なのです(*^▽^*)

 

ミルン氏がテディベアから着想を得て生み出したもので、

プーさんは「クマのぬいぐるみ」です!

 

僕もぬいぐるみという事実を知らずに見ていたので、

ピグレットとかクマの側にいてかなり危険を冒しているなー(笑)

と思っていたのですが、

 

かわいいぬいぐるみなのです(≧▽≦)

 

 

プーさんのモデルのぬいぐるみは現存する!!!

 

実はピグレットもイーヨーもティガーもベースのモデルは

ミルン氏の息子、クリストファー・ロビンが愛用していたぬいぐるみがモデルで

これが、ニューヨークに現存しているのです(≧▽≦)

 

f:id:ooemaru:20181019101147j:plain

参照元 

http://www001.upp.so-net.ne.jp/shino-3/pooh2/classicpooh06.html

 

ピグレット小さすぎじゃね!ってツッコミは抜きにして(笑)

基本的にはすべて、ぬいぐるみなのです(*^▽^*)

 

ここから生まれたプーさんではありますが、

1961年にディズニーが使用許諾を得て、

1966年にディズニーからアニメ化するわけです(≧▽≦)

 

f:id:ooemaru:20181019101631j:plain

参照元 

https://www.fashion-press.net/news/11314

 

これで一躍知名度を上げたプーさん(*^▽^*)

 

世界中で愛されるキャラになったわけです(*‘∀‘)

 

クリストファー・ロビンの悲劇

 

プーさんの物語に登場するクリストファー・ロビンは、

ミルン氏の息子、クリストファー・ロビン・ミルン氏がモデルです。

 

彼は幼少期はとても父を尊敬していたのですが

彼は兵役を終え、社会に出ようとしたときに、

就職難や作家業の失敗などいくつもの挫折を味わいます。

 

世間はどうしても彼をプーさんに出てくる

クリストファー・ロビンと同一視するのです。

 

次第に彼は父の功績に対し、怒りを覚えるようになり、

両親の反対を押し切って、ミルン夫妻と絶縁状態の親戚の娘と結婚、

書店の経営をはじめるのです。

 

そこからミルン氏が亡くなるまで、絶縁状態でした。

 

父と精神的和解をするのは、1974年の「魔法にかけられた場所」の自伝執筆を通してでした。

彼の後年は、父親の記念碑の除幕式や「プー」の企画などに参加しています。

 

クリストファー・ロビン・ミルン氏は1996年に75歳でなくなります。

 

プーさんの背景にはこういう出来事もあったのかーーーと思うと

とっても深いですよね(*‘∀‘)

 

See you again!!!

ジョニー・ジョニー・デッパー

第165話 九州の人は仕事熱心で情深い!九州愛も半端ない~九州大学の友人で経営者の向山雄治さん、そして僕の父親も

Nice to meet you!!!

ジョニー・ジョニー・デッパーです(*^▽^*)

 

この前、友人とサンマが今、旬だよねーという話になりまして

僕がサンマといえば、かぼす!!と言ったら

 

ポカン( ゚д゚)

 

ってなりましたwww

 

我が家のサンマの塩焼きには必ずかぼすがいたのですが、

案外、みんなかぼすって知らないんですかね??(*^▽^*)

 

こいつです☆彡

f:id:ooemaru:20181017102810j:plain

参照元 

http://www.dotonox.co.jp/about/

 

大分県の名産品で、

実は僕の父親が大分県の出身だったのもあって、

父の実家からかぼすがよく届いていたのですよ(≧▽≦)

 

それもあってか、僕はかぼすは結構なじみ深いのですが

まさか友人はかぼすをしらないとは。。。(友人が無知なだけ?(笑))

 

おいしいので、使ってみてください!(笑)

すだちとは違うんですよ!(・∀・)

 

でもなんだかんだ、かぼすのくだりで、

父親のことを思い出したのですが、

 

今はもう亡くなってしまったのですが、

スーパー仕事熱心、朝7:00には家を出て、夜23時まで働くような

典型的な「24時間戦えますか?」型の営業マンでしたね♪

 

f:id:ooemaru:20181017103840p:plain

参照元 

http://it-rush.com/regain-24

 

大分別府生まれで、

大分ではトップクラスの進学校に勉強して入って大学を出て

そこから、むちゃくちゃ誰よりも働いていたんじゃないかなーって思います☆彡

 

バブルの時代に、しかも今みたいに残業規制なんてほぼない時代ですしね。

でも働けば働くほど、業績も給料も上がっていく時代。

 

ぶっちゃけ平日に一緒に夕飯食べたことなんて皆無です(笑)

 

しかも転勤族。

関西、四国などを僕も子供のときは転々としまして、

小学校は3つ通いました。

 

仕事熱心、短気、そして頑固。

父親は大学まで大分で過ごしていた人なので、生粋の九州人です(≧▽≦)

 

でもその父親を見てきたあとに

いろんな九州の方に出会ってきたのですが、

みんな超がつくほど仕事熱心!!!!

 

例えば、この数年で一番仲良くしていただいてい、

僕の友人で経営者の向山雄治さん(*^▽^*)

 

高校時代は空手にガチで取り組んでおられて、

インターハイにも出場するくらいの努力家の方で、

 

夜遅くまで練習しているかたわら、

日本で指折り、九州最難関の大学、

九州大学

に現役で合格されて、そこで社交ダンスでも九州チャンピオンになるという

 

絵に描いたように情熱のかたまりのような方です(≧▽≦)

 

f:id:ooemaru:20181017172706j:plain

参照元 

https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/1425/index.html

 

そもそも九州大学って相当難しいですよね?(*‘∀‘)

旧帝大なので、偏差値や倍率も高いです☆

 

ベネッセさんのデータを見ると偏差値65-70は必要。

 

うちの大分の親戚の言っていましたが、

九州では九州大学は別格の扱いを受けます(≧▽≦)

 

 

九州大学で言うと、

僕の前の会社の後輩の佐伯くんも

福岡出身の九州大学卒だったのですが、彼も仕事熱心でさらにモテ男だったので、

 

僕の中のイメージは九州の人は熱い!!って感じです(*‘∀‘)

 

僕も九州の方々のように

仕事熱心、何事も努力!できるような自分になりたいものです(≧▽≦)

 

See you again!!!

ジョニー・ジョニー・デッパー

 

 

第164話 台湾に行きたいワン☆

Nice to meet you!!!

ジョニー・ジョニー・デッパーです(#^^#)

 

この前、友人が台湾に旅行に行ったということで、

台湾土産をいただきましたーーーーー!

°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

 f:id:ooemaru:20181017161220j:plain

 

 

 

まんごぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

 

うまかったです(*‘∀‘)(*‘∀‘)(*‘∀‘)

 

実は台湾って昔から行ってみたい場所ではあったのですが

いまだ行けずにいる場所なんです( ;∀;)

 

韓国には30回以上行ってるんですが、、、

 

昔、広島に配属されて働いていたころに

友人と台湾へ行こうという話になっていたのですが、

なんと、決めてお金払った瞬間、東京へ転勤になっていけずという(笑)

 

ギャグみたいな話ですよねーーー( ;∀;)

 

なので、

僕も台湾に行った気分で、台湾トークを今回は繰り広げますね♪

 

参照元 

https://matome.naver.jp/odai/2138560377477026201

f:id:ooemaru:20181016164248j:plain

 

f:id:ooemaru:20181016164421g:plain

 

◆台湾の基本情報

・総面積は35,980 km2

・人口は2353万人(2016年12月現在)

・中心都市は台北

 

◆台湾の歴史

台湾は「占領の歴史」といわれるくらいさまざまな国から侵略、占領されてきた歴史があります♫

 

台湾が注目されたのは中国が16世紀、明(みん)王朝のときです♪

当時は日本の海賊、倭寇(わこう)が台湾を根拠地にして活動したり、

漢民族が居住していたりしていた地域でしたが、

 

ヨーロッパで大航海時代が始まると、

ポルトガルによって台湾が発見されます(*^▽^*)

 

そのときのポルトガル人が水平線上に見える緑の青々とした島をみて

 

「Ilha Formosa(麗しの島)!!!!」

 

と叫んで、感動したことから、台湾は別名

 

フォルモサ

 

と呼ばれるようになりました(*'▽')

 

ただ、実際に台湾占拠に乗り出したのはオランダで、

フィリピンを支配していたスペインも台湾に乗り出そうとして、

激しい争いを繰り広げました。

 

オランダ統治は1662年に明の鄭成功(ていせいこう)の攻撃を受けて崩壊します。

 

その後も明朝→清朝→日本と統治が移り変わり、

日本が1945年に敗戦すると、中国国内の内戦に敗れた中国国民党蒋介石

台湾にのがれ、中華民国を建国、現在の台湾になります。

 

(日本は台湾を国家ではなく、中華人民共和国の一地域とみなしています)

 

◆台湾観光

はい、妄想ですが、行きたいところ!!!

 

f:id:ooemaru:20181016170918j:plain

参照元 

https://tabichannel.com/article/17/taiwan_kanko

 

これは

台北101

ですね!!!!

 

2007年まで東アジアナンバーワンの高さを誇ったビルで、

台湾の夜景をここから見たい!美女といったら最高だろうなーーーー

°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

f:id:ooemaru:20181016171439j:plain

参照元 

https://4travel.jp/magazine/gourmet/20151215

 

台湾の夜市!!!!

これも本当にいきたぁぁぁい!!

ってかおいしいものおなかいっぱいたべたぁぁぁい!!

 

って感じですね(≧▽≦)

 

向山さんも台湾に行かれて、むっちゃご飯がどれもおいしかったと言ってました!

(*^▽^*)

 

小籠包とか有名なお店もあって、

早くジョニーも台湾に行きたいです!!!!!!!(^^)

 

そしてはここは絶対外せない!

 

九份(じょうふん)!!!

 

f:id:ooemaru:20181016172019j:plain

参照元 

https://welove.expedia.co.jp/destination/asia/taiwan/1345/

 

まさに千と千尋の世界ですよねーーーーーーーー!!!!!!!!

もう僕の妄想の中では台湾がいっぱいになっております笑

 

よし!次は僕も台湾へいこう

(*^▽^*)(*^▽^*)(*^▽^*)

 

See you again!!!

ジョニー・ジョニー・デッパー

第163話 PCを立ち上げるときのショートカットがなぜCtrl+Alt+Delなのか?

Nice to meet you!!!

ジョニー・ジョニー・デッパーです(*^▽^*)

 

今日、こんな興味深い記事を見つけました!!^^

 

news.livedoor.com

 

Ctrl+Alt+Del!!!!!

 

確かに、これあんまり意味わかりませんね、、、(笑)

ちょっと気になるところではあります!

 

でもあんまりPC触らない人には共感を得られないかもしれないので、

ショートカットキーというものが何なのか、からご説明しますね☆彡

 

ショットカットキーって・・・

PCを扱う上で欠かすことのできないショートカットキー。

2つ以上のキーを組み合わせるだけで、例えばコピーとか貼り付けとか

タスクの切り替えとかができてしまう優れものなのです。

 

ショートカットを覚えていると、マウスでいちいちアイコンを探したり

タブを押したりしなくても作業ができるので、

 

PC作業の早い人、プロフェショナルな感じの人は基本的にはほとんどマウスには触らないっていいますよね!

 

ショートカットキー界の4番バッターといえば、

やっぱりCtrl+C、Ctrl+Vですかね♪

 

コピー&ペーストがらくらくできるキーなので、すげえ便利ですよ!

 

問題のCtrl+Alt+Del

で、今日のテーマはこいつです(≧▽≦)

 

立ち上げや再起動のときに使われるこのキー。

でもなんだか意味わかんない組み合わせだし、使いづらいなーと思ったことないですか?

 

このことを解説してくれているのが先に紹介した記事なのです。

 

このショートカットは

 

「Ctrl+Alt+DelでWindowsにログインするのはミスだった」

と、Microsoftの創業者であるビル・ゲイツ氏が語るほどの不評キーなのですが

 

こいつが導入されたのがさかのぼること1981年。

Windows以前のもので、IBM製のPCに導入されたのが最初でした。

 

このIBM製のPC、誤作動を起こすと電源を切るしか対処法がなくなってしまう、

しかも結構頻繁に誤作動を起こしていたので、リセットボタンをつける案なども浮上したのですが、

 

キーの中にリセットボタンを入れると間違えて押してしまう可能性がある☆

そこで、3つのキーを組み合わせてできたのがこの

Ctrl+Alt+Del

なのです(*^▽^*)

 

このキーの組み合わせって、キーボードを見てもらえばわかるのですが

結構遠いんです(笑)

 

特にDelが(笑)

 

だから間違って押さない!

しかもすぐに再起動できるショートカットキーとして生まれたわけです。

 

ただ、記事によると、この開発者はそんなにこのキーを最優先項目だと思っていなかったらしく、

ひっそり現在も生き延びることになった、、、、というのが正解みたいです(*'▽')

 

See you again!!

ジョニー・ジョニー・デッパー

第162話 Googleは離れてもいい会社♫

Nice to meet you!!!

ジョニー・ジョニー・デッパーです(*^▽^*)

 

今日は「転職」をテーマにこんな記事を見つけました(≧▽≦)

 

news.livedoor.com

 

Googleは辞めたけどいい会社だったランキングの1位、という話°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

そもそも転職者って世の中にどれくらいいるの??といわれると

2017年の転職者数は311万人。

15年は299万人、16年は307万人ということなので

年々増加しているわけなんです(*^▽^*)

 

それでこの記事には退職理由のランキングも記載されています☆彡

 

「退職理由で最も多かったのは「人間関係が悪かった」の25%。2番目が「評価・人事制度に不満があった」の12%。続いて、「給与が低かった」「社風や風土が合わなかった」「残業・休日出勤など拘束時間が長かった」が11%で並ぶ。」

 

どうやら一番は「人間関係」のようです(>_<)

確かに一緒に働く人って一番大事な要素ですよね☆

 

でも、逆に居心地はいいのだけれど、次へのステップアップなどの転職もありますよね♪

 

その居心地のいい会社1位がGoogleだったのです☆

 

f:id:ooemaru:20181015150952j:plain

参照元 

https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/61774

 

 

と、いうことで、ジョニーも気になるので、

 

Googleの福利厚生について、調査してみました!!!(≧▽≦)

 

toyokeizai.net

 

東洋経済Googleの福利厚生の特集記事がありました(*^▽^*)

 

そこから抜粋していくと・・・

 

「グーグルでは、同じ業務を担当する2人の社員が会社にもたらす影響に100倍の差があれば、報酬も100倍になる場合が実際にある。たとえば、ある社員が1万ドル、同じ部門の別の社員が100万ドルのストックオプションを、それぞれ支給されたこともある。これは極端な例だが、ほぼすべての職位で、報酬の差が3~5倍になることは珍しくない」

 

なるほど、きちんと努力が報われるシステムになっているということですね(≧▽≦)

 

さらには

 

「カフェテリアは基本的に1日2食(朝食と昼食か、昼食と夕食)。セルフサービスのマイクロキッチンにはつねに飲み物(炭酸飲料、ジュース、お茶、コーヒーなど)と軽食(生の果物、ドライフルーツ、クラッカー、チップス、ダークチョコレート、キャンディなど)がある。

オフィスの規模によって異なるが、社内にジムや診療所があり、カイロプラクティクスや理学療法パーソナルトレーニング、エクササイズとヨガとダンスの教室を利用できるほか、ボーリング場もある。医療サービスとパーソナルトレーニングの料金は社外と同じレベルだが、施設や教室は誰でも無料で利用できる」

 

という抜群の福利厚生を誇るのもGoogleの特徴の一つ。

 

そのほかにも

 

・ATM(現金自動預け払い機
・自転車の修理
・洗車とオイル交換
・ドライクリーニング:所定の場所に出すと数日後に仕上がっている。
・産地直送の有機食品と肉類の配達
・ホリデー・フェア:業者が社内で商品を販売する。
・移動美容室とサロン:美容室の椅子が設置された大型バスがオフィスに来る。
移動図書館:オフィスがある多くの都市で実施している。

 

などの設備があるそう!!すごい(*^▽^*)

 

無料のものもあれば、起業家がGoogleに申請して行っているものもあり、

利用者が支払います。

実はGoogleはこうしたサービスにはあまり介入していないそうです(≧▽≦)

 

こうしたとっても居心地のいいGoogleですが、

そこを敢えて去る理由として、

 

「あまりに恵まれすぎている環境(食事、オフィス環境、福利厚生など)でハングリーさが削られる。良くも悪くも大企業であり、アップサイド(上昇局面)が少ない」

 

といった側面もあるようです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

なんだかびっくりですが、

ステップアップのために次へチャレンジしていく人生っていいですね(*^▽^*)

 

See you again!!!

ジョニー・ジョニー・デッパー

 

 

第161話 就活ルール廃止ってどういうことなんだろう。。。??

Nice to meet you!!!

ジョニー・ジョニー・デッパーです(≧▽≦)

 

経団連がついに就活ルールを廃止するという発表をしました(*'▽')

 

news.nifty.com

 

僕が就活していた時代はざっくりいうと

3年生の10月から説明会が始まって、

4年生の4月には内々定・・・

 

みたいな流れだったように思います。

 

さらに最近では4年生の4月以降とか

インターンに参加すると有利になるとか

いろいろと就活戦線も変わってきているようでしたが

 

ついにルールをなくすとは、、、!!

 

でもこれって、僕は最初聴いたとき、

就活がすごく大変になるのでは、、、なんて思いました( ゚Д゚)

 

なぜかっていうと

それまではまがいなりにも期限が定めらていたので

その期間に集中して、スケジュール組んで、面接行って、

ということをやればよかったので、

 

とってもわかりやすいし、期間限定でした。

 

しかし、このルールがなくなるということは

一体いつから何をしなくてはいけないか、

ということをよりアンテナを高くして情報を取りにいかないといけなくなります。

 

これはこれで、

自身の情報収集力と察知する力を高める、

という意味ではとてもいいことなのかもしれませんけどね☆彡

 

もともと外資系や一部マスコミなどは

一般的な企業とは採用期間も異なっていたりしたわけなので、

そういうところが志望の学生は自分で情報集めてましたしね(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20181015113800p:plain

参照元 

http://offerbox.jp/columns/job-interview/9516.html

 

 

これで変わるのは、何も学生だけではないようです。

人事採用の側も対応に追われます。

 

今でもインターンシップは普及して、

以前にもまして、対応することが増えているようですが、

そこに要は期限なし就活が始まるわけですから

 

採用する側も独自で方針を決めるなり、

どのタイミングで、優秀な学生を取りにいくか

悩ましいところなのでは・・・なんて勝手に想像しちゃいます!

 

ちなみに僕が通っていた某大学は

金融系に強い大学だったので、

金融関係のリクルーターがものすごかったですね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

それこそ、解禁前からアプローチは始まっていて、

解禁した瞬間に即効内定を出すような企業が多かったのです。

 

でも就活期間が経団連のルール上なくなるということは

この内々定を出すタイミングも悩ましいかもしれません。

 

なぜなら、学生も企業を選ぶからです。

 

企業側としても確保したい人材の数があり、

確保を望む人材がいます。

 

ですが、下手に早く出すと軽く見られたり、

受験というところのスベリ止め程度の感覚で受け取られてしまう可能性もありますよね♪

 

ある意味駆け引きなのかな、と思います。

 

あとは長期化すればするほどコストもかかりますから

そこもみきわめないといけないかもしれないですね。。。。

 

えらく真面目な記事になってしまいましたが(笑)

僕なりに考察すると、学生側からしても企業側からしても

手探りな就活になっていくのでは・・・!なんて思います☆彡

 

See you again!!!

ジョニー・ジョニー・デッパー

 

第160話 行ってみたい新宿のセレクトショップ~MELBA

Nice to meet you!!

ジョニー・ジョニー・デッパーです(*^▽^*)

 

最近、仕事が何気に忙しくて、

セレクトショップ巡りもちょっとストップしてしまっているジョニーですが

行ってみたいところはまだまだあります!(笑)

 

今日は、新宿東口の皮のバッグなどのセレクトショップ

 

MELBA

 

を紹介します♪

 

f:id:ooemaru:20181012144030j:plain

参照元 

http://www.shinjuku.or.jp/shop/14

 

お店からのメッセージによると

 

★当店では、ALBERO(アルベロ)TRION(トライオン)ACE(エース)
CI-VA(チーバ)、BAMBI(バンビ)のお鞄、小物(お財布等)を
セレクトして、ご用意しております。

 

とのことらしく、

ヌメ革を中心としたアイテムのセレクトショップのようです(*'▽')

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ヌメ革とは

 

植物の渋に含まれる成分のタンニンでなめした皮革です。特徴はその丈夫さです。素材自体は固いのですが、太陽の光を浴びたり、素手で触ることで油がつくことで変色します。しかし、この傷や変色自体もヌメ革の風合いとして味わいが増す素材です。牛の傷やシワ・血管や毛穴の痕などの自然な表情、素朴な革の匂い、温かな手触りを持つ、古くから皮革の代表格です。植物の渋のみで、なめされている為、自然に優しく廃棄後も土にかえることができる、素朴ですが素晴らしい素材と言えます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

革ってなんとも味わい深いというか

落ち着く素材だなーなんて思います(*^▽^*)

 

そういったこだわりの革を使ったブランドの製品をセレクトして置いているのが

このMELBAさんです(*'▽')

 

しかも購入後のサービスでお手入れや修理などもしてくれるそうで、

アフターケアも充実していて、とっても素敵ですね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

よし、今度覗きに行こう!!!!^^

 

See you again!!!

ジョニー・ジョニー・デッパー